2010年06月18日

家出少女陵辱系官能長編小説/きょうこ 歪んだ構図 続き…

陵辱系官能長編小説/きょうこ 歪んだ構図 

2

半世紀以上も前のことになるが、芳雄の初恋の女性が何ときょうこに似ているらしく、芳雄は友人にとんでもないことを漏らしていたことがある。
「今度、長男が嫁をもらったんだが、それが何と、私の初恋に女に瓜ふたつなんだよ。私は久しぶりに胸がときめいてね。がっはっは〜。青春が再び蘇ったような気分だよ。」

ドアの陰できょうこの電話の様子に聞き耳を立てていた芳雄は、眉をひそめてつぶやいた。
「あの電話の様子だとまたもや例の男だな…。むむむ、何と言う嫁だろう。この小山田家に嫁いで来てまだ2年と言うのに、もう男など作りおって。くう〜、もう許せん。」

きょうこは電話を切った後、ベランダに向い、洗濯物を再び干し始めた。
ちょうどきょうこ自身のピンク色のビキニショーツを干そうとした時、芳雄が真後ろから現れ呟いた。
「きょうこ、今日は良い天気だね。これなら洗濯物もすぐに乾くだろう。」
「あ、お父様、今日は碁を打ちにお友達の所には行かれないのですか?」
「ああ、今日は行かないよ。友達は今日は旅行に出掛けて留守なんだ。」
「じゃあ、家でのんびりとなさるといいですね。」
「うん、そうだな。ところで、きょうこ、今干しておるそのパンツ、何とまあ小さいことだ。そんなのを穿いておるのか?」
「まあ、お父様、そんな恥ずかしいことを言わないでください…。」
「そんなに小さければ、アソコに食込んでしまうのではないのか?」
「もう…お父様ったら…」
きょうこは頬を真っ赤に染め、芳雄から顔を背けた。
「わっはっは〜、恥ずかしいか?それしきりで照れるとはまだ初心だな。わっはっは〜!」

*****

12時前頃、きょうこは昼食の準備を整え、芳雄に外出を告げた。
「お父様、すみませんがお友達とちょっと食事に行ってきます。お父様のお昼ご飯はテーブルの上に布巾を掛けていますから、いつでもお召し上がりくださいね。」
「うんうん、判った。ゆっくりと遊んでおいで。私のことは気にしなくていいから。」
「ありがとうございます。じゃあ。」
芳雄はきょうこの化粧が、今日はいつになく濃いような気がした。
(ふっふっふ…、女狐め。今にその正体を暴いてやるから楽しみにしておれ。)

きょうこが玄関を出た後、ひとつの影が後を追い掛けた。
きょうこに近づくでなく、また離れるでなく、常に一定間隔で尾行する男がいた。
posted by 家出少女サオリ at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

家出少女最近欲求がやばいから…官能で

本気で欲求不満になっちゃってるから…
官能小説(長編の読みきり)でも読んで…
欲求を一人で満たしちゃおうという事で手(チョキ)

朝から見ちゃって一人でしちゃいましたハート

その見ちゃった小説をまたまた紹介しますねるんるんるんるん


陵辱系官能長編小説/きょうこ 歪んだ構図 



1

ここは大きな邸宅が建ち並ぶ閑静な住宅街。
風香る5月、ある月曜日の午前中のことだった。
きょうこ(25歳)は夫の光治(32歳)を仕事に送り出した後、ベランダで洗濯ものを干していたが、突然、1本の電話がけたたましく鳴り響いた。
きょうこは洗濯物を干す手を止めて、応接間に急ぎ足で向った。

「はい、小山田ですが。・・・・・あ、俊介さん・・・。ええ・・・はい・・・ええ・・・そうです・・・。でも・・・もう・・・電話をしないで・・・。あなたとは、もうこれ以上は・・・。だって、私はもう結婚しているのよ。すでに夫がいる身なのよ。あなただってそれぐらい解かっているでしょう?だからもう私には・・・・・・ええ、はい・・・・・・お願い、私をこれ以上困らせないで・・・・・・」
きょうこは目頭を押さえ、涙声を震わせていた。
色白で繊細な顔、細身の身体がこんな時は余計に痛々しく思わせる。
きょうこは言葉を続けた。

「はい・・・はい・・・ええ・・・分かりました。1時ですね。はい、それじゃ参ります。」
きょうこは受話器を置いた後、そのまま電話台の前で立ち尽くしていた。
誰が見ても判るほど、表情は険しい。
何かを思い詰めたように、ある一点をぼう然と見つめていた。

ちょうどその頃、応接間のドアの陰できょうこの様子を伺う1人の初老の男がいた。
小山田光治の父、芳雄(67歳)であった。
彼は小山田コーポレーションという貿易会社を設立し順調に業績を伸ばし、以来、代表取締役の座を譲らなかった。
しかし3年前、大病を患ってからというもの、事業に関してはめっきり気弱になってしまい、まだ若い光治に社長の座を譲り、自らは会長に就任してしまった。
会長とは言っても名ばかりで、実体的にはたまに助言をする程度にとどめ、経営には口を出さなくなってしまった。
芳雄は病気を患う前、持ち前の商才と勘の良さから多くの成功を収め、一代で企業の地盤を築くほどの傑物であったが、一方、私生活では異常なほどの好色家で、妻も生前は相当悩まされたようである。
そんな芳雄も勇退後はさすがに寄る年波には勝てず、色恋沙汰からは縁遠くはなってはいたが、長男光治に嫁いで来たきょうこの美貌に対し、相当な興味を示していた。
そうはいっても長男の嫁でもあり、さすがの芳雄も手を出すことはなかった。


posted by 家出少女サオリ at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

家出少女最近

昨日気付いちゃったんだけど…
サオリ最近全然エッチしてないことに気付いたの…あせあせ(飛び散る汗)

という事は最近全然神に出会ってない…
サオリこう見えても手(パー)

エッチ大好き人間だから…
エッチがなくなっちゃったら
生きていけないよバッド(下向き矢印)トイレハートたち(複数ハート)


ご飯も友達が食べさせてくれるときしかご飯も食べてないしたらーっ(汗)

最近ずっとネットカフェばっかりだし…

がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)

サオリの前に神降臨して欲しいよぉぉぉもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 家出少女サオリ at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。