2010年08月16日

家出少女 新入社員直美の陵辱手記5

昼休みが終わった。モヤモヤとした気分のまま仕事に戻る。直美は休憩終了時間を30分ほど過ぎてからオフィスに戻ってきた。途端に同僚達の好奇の目に晒される。
「直美ちゃん」
自席に就こうとした彼女に斉藤が声をかける。直美は眉を顰める。セクハラ隊長の斉藤に声をかけられて嬉しいはずもない。斉藤はツカツカと直美に歩みより、無遠慮に尻を撫でる。
「あん」
その声を合図に、他の2人の同僚が立ち上がり斉藤の元へ集まった。何かが始まるようだ。上司の進藤はミーティング中で席を外している。進藤がいないと、このオフィスは無法地帯と化す。
「あのさ、面白いことしない?」
「え?」
3人の男に囲まれて椅子に腰を下ろすこともできず、直美は自分の運命を呪うかのように唇を噛み締める。
「これ」
斉藤が差し出したのは、折りたたみ式の黒い携帯電話だった。一体、誰のだろう。
「何をするんですか?」
直美の顔が恐怖に歪んでいる。昼休みの男の件と関係があるのだろうか?
「おい。抑えろ」
斉藤の一言で残りの2人が直美を羽交い絞めにした。
「あっ!ちょっと!」
部屋中のすべての視線が直美に注がれている。今度は何をされるんだろうと期待に満ちた視線だ。もがいても無駄だと悟った直美は大人しく項垂れた。為す術はないのだ。
「これを・・・」
斉藤は身動きの出来ない直美のスカートを捲り上げ、パンティの中に先ほどの黒い携帯電話を入れた。
「あっ!やめて!」
彼女の声を無視して、斉藤は念入りに携帯電話を仕込み、スカートを元通りに下ろした。「いいか。絶対に外すなよ。外したらたっぷりとお仕置きしてやるからな」
まるで中学生の苛めだ。直美は観念したように目を瞑って、そのまま椅子に腰を下ろした。

「あの携帯、誰の?」
隣の池田に聞く。池田は首を捻った。
「知らん。良く分からん。それにしても直美ちゃん、可哀想だなー」
ふと、週末に目撃した情事を思い出したが、僕は頷いただけだった。

それから10分後。ピッという電子音とともにドアが開き、進藤が入ってきた。そしていつもと変わらぬ様子で窓際の自席に就く。
「あれっ?」
その声で僕と池田は目を合わせた。そうか、あれは進藤の携帯電話なのだ。会社で支給しているものではないので、おそらくプライベートの携帯電話。それが直美のパンティに仕込まれているのだ。これは酷い。
「おーい、誰か俺の携帯知らないか?」
何も知らない進藤は立ち上がり、部屋中を見回した。
「ここの充電器に差してあったんだけどな」
進藤以外は全員知っている。直美は俯いている。斉藤は彼女の様子を横目で確認して、手を挙げた。
「進藤さん、鳴らしてみたらどうです?」
「そうだな。お前、俺の番号知ってたよな」
「ええ」
「掛けてみてくれ」

ガタンと音がした。音のした方を見ると、直美が立っていた。涙目である。華奢な肩が細かく震えている。
「あの!」
「ん?どうした、相沢さん」
「あの・・」
反射的に立ち上がったが、それ以上続けることが出来ない。自分のパンティの中にあるなんて言えない。
「進藤さん、掛けますよ!」
「あ、うん。頼む」
進藤は突然立ち上がった相沢が気になったのか、彼女の席へ歩いていった。すべて斉藤の思う壺だ。

ピッピッピッ・・ピッピッピッ

進藤らしい、無機質な着信音が鳴る。それほど大きな音ではなかったが、部屋中が固唾を呑んでいる静かな状態だったので、全員が耳にしたはずだ。
「おっ、鳴ってるな。どこだろ?」
進藤はそのまま直美の席まで行った。
「相沢さん、どうした?さっき・・・」
「・・いえ、何でも・・ない・・です」
携帯電話のバイブ機能が働いているのだろう。彼女はビクビクと体を震わせて、必死に堪えていた。目の前に進藤がいて、着信音が彼女のパンティから漏れている。気を緩めれば股間の刺激のままに喘ぎ声が出てしまう。まさに絶対絶命だ。
「この辺から聞こえてくるね」
「あっ・・はい。・・そうですね」
「顔色が悪いけど、大丈夫か?」
進藤は常日頃から斉藤達のセクハラに目を瞑っているが、根っからのワルではない。直美を今まで世話してきたのは彼で、直美にとって良き上司なのだ。彼の存在がなかったら、直美はもっと酷い目に遭っていただろう。直美もそれを自覚している。自覚しているからこそ、今の苦境を進藤には知られたくないのだ。恩人の携帯が自分のパンティの中に仕込まれているという事実を。
「大丈夫・・です」

ピッピッピッ・・ピッピッピッ

まだ鳴っている。直美は今にも泣き崩れそうだ。
「この辺なんだよな。どこだろう」
進藤は直美の周りに目を配る。直美は股間の刺激で声を漏らさないようにギュッと唇を噛み締めている。それは携帯電話が留守番応答するまで続いた。
「あっ、留守電になったか」
振動は舌打ちをした。
「斉藤、悪い、もう一回鳴らしてもらえるか?」
「了解です」
「あの、・・・すみません!」
「・・・っ、おい!相沢さん!」
限界だったようだ。直美は進藤を振り切って、オフィスを出て行ってしまった。

あっけにとられる進藤を他所に斉藤達が満足げにお互いの顔を見て含み笑いしていた。彼らにとって、彼女への陵辱が成功したことが何よりの喜びなのだ。
「大丈夫なのか、彼女は」
たまたま目が合った僕に進藤が問いただす。僕は衝動的に立ち上がった。
「ちょっと様子見てきましょうか」
進藤は頷いた。自分の携帯電話の行方よりも彼女の挙動の方が心配のようだった。

僕は正当な口実を得て、オフィスを出た。チャンスだ!何のチャンスなのかは分からない。昼休みの男のことを聞きたいが、彼女に聞くわけにもいかない。しかし、とにかくチャンスなのだ。彼女に注目し始めてから、僕は彼女に惚れてしまって、あわよくば彼女をモノにしたいと大それた欲望を抱くようになっていた。いや、モノに出来なくてもいい。彼女みたいな美女を思う存分陵辱したい!そのチャンスだ。みんなが彼女を陵辱しているんだ。僕だって・・・

<続く>
posted by 家出少女サオリ at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

家出少女 新入社員直美の陵辱手記4

長い階段を下りると、向かって左手に通路が延びている。この駅は都内でも有数の広さを誇り、うっかりすると迷子になってしまうほどの巨大な地下空間だ。昼時ともあって、スーツ姿のサラリーマンやOL、子供連れの主婦、老人、学生、様々な人種が飲食店を賑わしている。

直美は通路の端を足早に進んでゆく。目立たぬようにしていても、その美貌、美脚は異性を虜にし、同姓から妬まれる。フラッシュから逃れようとする有名人のように、直美は目を伏せ、外界との接触を断ち切った存在であろうとする。そんな姿がかえって注目されてしまうのだ。

僕は怪しまれないように直美の後をつける。最近は治安の悪化が進み、駅構内の警備は以前よりも格段に厳しくなっている。と言っても、ヘラヘラした警備員が2人連れでのんびり巡回しているだけだ。夜になると、暇そうな中年、年配警備員が所々でボーっと突っ立っている。所詮はこの程度の危機感しかないのだ。しかし、変に警戒されるのも嫌なので、彼女との距離を十分に取って尾行に全神経を配る。

10分ほど歩いた。これだけ歩いても地下空間は終わらない。直美は人ごみを避けるように駅構内の外れへ向かっており、徐々に人影が疎らになってゆく。歩行に迷いがないので、何度も行ったことのある場所なのだろう。ふと、不安に駆られる。
・・・大丈夫だろうか
もしかして僕は罠に嵌められているのではないだろうか。辿り着く先にヤクザ者が待っているかもしれない。直美は餌で、それにノコノコついてきた男から現金を巻き上げるとか。彼女くらい美人で、美脚を晒しながら歩いていれば暇な男なら思わず後をつけたくなるだろう。彼女は僕が尾行しているなんて知る由もないが、もしこれが本当に単なる罠で、その罠に嵌った愚か者が僕だと彼女が知ったら目も当てられない。

そして・・・ついに直美の周りには誰もいなくなった。それでも直美は歩を緩めない。もう後戻りできない。彼女が気まぐれに振り返ったらそれでおしまい。何度も唾を飲み込み、及び腰になりながらも追跡を続ける。

カツン

ハイヒールの規則正しいリズムが何の前触れもなく止まった。通路の行き止まりがトイレになっていて、左に折れると地上への階段だ。ここまで来ると、満足に清掃が行き届いていない。腐臭はしないが、わずかに黴の匂い。何年も誰にも使われていないような見捨てられた領域。廃墟にいるような錯覚。重苦しいが、ピンと張り詰めた空気。ちょうど死角になる壁の突起があったので、そこに身を隠す。
「あの・・」
直美のか細い声。吹けば消えてしまいそうな弱々しい声だ。反応はない。僕の胸がドキドキと高鳴っている。人気のまったくない寂れた空間に美人がポツンと所在なげに立っている。ミニスカートから惜しげもなく美脚をさらし、巨乳の谷間で両手を組み、放置されている。
「・・・あの?」
「ふん」
不意に男子トイレから黒スーツの男が出てきた。身を乗り出していた僕はハッと身を引いた。見つかったらボコボコに殴られてしまうと直感で悟ったからだ。
「・・・あの、持ってきました」
「出せ」
低い声。一瞬しか観察出来なかったが、素人目にも高級だと分かるブランドスーツ。金髪で長身で痩せ型。勇気を出して、もう一度身を乗り出す。見つかったらおしまい。わずかな物音さえ許されない。膝が震えて止まらない。

直美は男に命じられるままにカバンの中から、封筒らしきものを取り出した。男は引っ手繰るように封筒を奪い、中身を確認する。遠目からでも分かった。札束のようだった。
「20万か」
「はい。もう・・・これで・・」
「足りないな」
冷たく言い放たれた言葉は僕の心臓を鷲づかみにした。なんという冷たい声だ。
「でも!」
「でも・・何だ?」
「これ以上・・無理です」
今までに何度も金を渡しているかのような言い方。何か弱みでも握られているのだろうか。
「無理なら、手はあるぞ」
「いやっ!」
いきなり胸を触られた直美は悲鳴を上げて後ずさりした。2人とも相手に集中していて僕の存在に気づきもしない。
「おいおい。俺は無理は言わない。金を払ってもらえればそれでいいんだ」
「あっ」
今度は尻を撫で上げられる。何人もの男を誘惑した美尻。ビクンと体全体が反応する。
「お願い・・」
「だったら金払えや!」
いきなり怒声。僕は耳を塞ぐ。こういう声は苦手なのだ。怖いのだ。
「な!金払えば許してやるって言ってるだろ?」
「あっ、あっ」
スカートを捲りあげられ、太ももが大胆に顕わになり、眩しい白いパンティが見え隠れする。膝を閉じ、悶える美脚がたまらない。男はしゃがんで下から直美の太ももを舐めるように擦る。直美は抵抗らしい抵抗もせず、されるがままだ。
「相変わらず、いい脚してるよな。お前ならいくらでも稼げるぞ」

その後、男は直美を連れて階段を上り、すぐ傍にあるラブホテルへ入っていった。この出口は利用したことがない。あたりを見回すと、ラブホテルが散見できる。やや遠めに風俗店らしい看板もあった。昼なのでとても静かだが、夜になれば華やかなネオンに照らされるのだろう。僕の知らない世界だ。このままここにいるわけにもいかないので、僕は諦めて再び階段を下り、会社へ戻ることにした。

直美は一体何をしたのだろう。あんな男に怒鳴られ、陵辱され、昼からホテルに連れ込まれ。今頃、素っ裸にされてアソコをグチョグチョにかき回されて、何度も犯されているのだろう。泣き声は誰の耳にも届かず、ただひたすらブランド男の慰み物になっているに違いない。そう思うと気が萎えた。会社に戻る途中で地下のラーメン屋に入り、不味い味噌ラーメンを食べた。嫉妬の気持ちが湧き上がる。間違いない、僕は直美に惚れているんだ。惚れた女がいろんな男に弱みを握られて陵辱されているのだ。

<続く>
posted by 家出少女サオリ at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

家出少女 新入社員直美の陵辱手記3

翌週出社すると、案の定、新谷が不満を漏らした。
「ひどいっすよ。ホント。連絡ぐらいしてくださいよ」
「悪い悪い。急用が出来ちゃって」
一応こちらが先輩なので、遠回しに愚痴を聞かされる。僕は何度も平謝りし、昼飯を奢ってようやく彼の機嫌を直した。社会人になったら、とにかく敵を作らないことだ。どんなに気に入らなくても、上辺だけでも親しくしておくのだ。そうすれば余計なストレスを抱え込むこともなくなる。それに彼と仲良くしておけば、また合コンに誘ってもらえる。
「また、呼んでくれよ」
「了解っす」
新谷はケロッとした顔で頷いた。案外、合コンは大成功だったのかもしれない。これで課題の1つ目がクリアだ。

さて、次は池田だ。
「おっす」
「おお、なんで来なかったんだよー」
「すまんね」
彼の様子に変化はない。先日の情事を僕に目撃されていたなんて想像もしていないだろう。もしかしたら、既に何度も直美の体を貪っているのかもしれない。そう思うと嫉妬に似た負の感情が芽生えてくるが、ここはじっと堪える。
「可愛い子いたの?」
複雑な気持ちを抑えつつ、どうでもいい会話に弾みをつける。池田はにんまりした。
「いたよ。香織ちゃんって言うんだ。脚がすっごく綺麗でさ・・・」
僕は親友の与太話にうんうんと耳を傾けてやる。

「あっ」
突然、部屋の隅のコピー機の辺りから直美の声が聞こえてきた。見ると、同僚の1人が彼女の後ろにぴったりとくっ付き、小尻に股間を押し付けている。いつもの光景で、周りの人間はニヤニヤと見ているだけだ。
「あん。ちょっと・・」
「ちょっと何だよ。早くコピーしてくれよ。こっちは急ぎなんだ」
「・・はい」
その同僚の名は斉藤。32歳。自他共に認めるエロ男だ。仕事は出来ないが、態度はでかい。上司の進藤と仲が良いので、部内では敵なしである。直美へのセクハラは日常茶飯事で、彼を慕う同僚もいる。
「やっ!」
再び直美の悲鳴。見ると、彼女のミニスカートがずり上がり、ピンクのパンティが顔を覗かせている。チラリズムに興奮する人間なら、ゴクリと唾を飲んでしまうくらいの素敵な絵だ。オフィス内の全ての視線が彼女の美脚に注がれている。
「おぉ、ごめんごめん。ファイルが引っ掛かった」
斉藤はファイルをスカートの中に押し込み、直美の股間を何度も刺激していた。誰も止めようとしない。
「あっ、あっ、あっ」
ビクンビクンと直美の全身が震え、腰砕けになりそうになる。しばらくその格好で陵辱した後、さすがに斉藤も後ろめたくなったのか、最後はファイルをわざと落として誤魔化した。
「やっとファイルが外れたよ。ごめんな、直美ちゃん」
直美は唇をかみ締め、小さく頷いただけだった。

口を開けて斉藤のセクハラを見物していた池田の脇をつつく。ハッと我に返る彼にカマをかけてみる。
「あれじゃあ、セクハラしてくださいって言ってるようなもんだな」
「まあな」
「あんなに短いスカートで、何されても黙ってるんだから」
池田は何か言いたげにこちらを見たが、結局黙ったままだった。
「俺達の見ていないところでいろんなことされていそうだよな」
「・・・そ、そうだな」
彼の目は完全に泳いでいた。嘘がつけない奴なのだ。親友なので深みに嵌る前に助けてやりたい。先日のような光景は2度と見たくない。

その日以来、僕は直美に注目することにした。もちろん、今までも気にはなっていた。男ばかりの部署で、モデルばりの美女がいれば、気になるのは当然だ。しかし、仕事時は集中していたし、仕事が終われば彼女に目を向けることもなかった。彼女のような女性が自分なんかに興味を示すはずがないという自虐的な思いが強かったのだ。

注目し始めると、彼女へのセクハラは絶え間なく行われていることが分かった。セクハラと言ってもいろいろとある。例えば、部内のある同僚が社内ネットワーク上にサーバーを立てて、直美のデスクに設置した隠しカメラの映像をライブで中継している。卑猥な言葉を強制的にしゃべらせる。メールで卑猥な画像を彼女に送りつける。こういった間接的なセクハラがほとんどだが、中には斉藤のように直接彼女の体を陵辱するケースも後を絶たない。スカートを捲るのは序の口で、人前でパンティの中へ手を入れたり、胸をはだけさせたり、リモコンバイブで辱めたり。まさにやりたい放題だ。それでも直美は当たり前のように毎日欠かさず出社する。ひたすら陵辱をされるために。

昼食時。彼女が会社を出るのを見計らって、僕は後をつけることにした。彼女は1人で足早にどこかへ向かっている。うちの会社には社員食堂がないので、弁当を持参しない限り、会社の外で食事を済ませることになる。同じ会社の友人と待ち合わせでもしているのだろうか。あるいは、男が近くにいるのだろうか。ハイヒールが規則的なリズムを刻み、すれ違う男達の好奇の目を無視して直美は会社からやや離れたところにある、地下鉄の入り口の階段を下りていった。昼休み時間は1時間。その間にどこかへ行くのだろうか。にわかに緊張し武者震いをする。そして3回深呼吸してから階段を下りていった。

<続く>
posted by 家出少女サオリ at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。