2010年08月09日

家出少女 新入社員直美の陵辱手記2

ここは会議室で普段からほとんど使われていない。部屋の真ん中に大きなテーブルがあり、テーブルを囲むように椅子が並べられている。暗闇をゆっくりと進み、会議室と仕事場の境界のドアへ。鍵はかかっておらず、わずかに開いている。隙間から人工的な光が漏れ、暗闇に慣れた僕の目を刺激する。
「あっ、やめて・・」
また聞こえた。
「あん。池田さん・・」
心臓がバクバクと音を立てる。シンと静まり返ったオフィス。会議室の暗闇から出て、僕は床を這うように直美の声に近づいていく。彼らに気づかれないように遠回りに前進し、物陰に身を潜めてゆっくりと慎重に周囲を見渡す。スナイパーに命を狙われているかのような緊張感。永遠と思われた距離が一気に縮み、そっと首を伸ばすと・・・

ワイシャツをはだけ、巨乳を顕わにした直美。そしてその胸に噛り付いている池田の後ろ姿。あってはならない光景。部内のアイドルと無二の親友の情事。彼女の喘ぎに思わず勃起をした瞬間、彼女と目が合ってしまった。
「あっ」
直美の悲鳴にも似た声。胸の谷間に顔を埋めていた池田が顔を上げる。
「ん?どうした?」
「ううん。何でもないです」
「ふーん。それにしてもエロいおっぱいだよな」
「あんっ」

僕はデスクの物陰で息を殺していた。心臓が飛び出てきそうだ。バクバクというよりはドンドンと踊り跳ね、痛いくらいだ。確かに今、彼女と目が合った。しかし彼女は誤魔化した。直美は今、何を考えているのだろう。そもそもこのままここにいて良いのだろうか。見たくないものを見る羽目になりそうだ。
「なあ、やろうぜ」
「ダメ」
「そんなこと言わずにさ」
「いや」
「口ではそう言ってもさ、ほらっ」
「あっ!あっ!」
僕の見ていないところで、直美が池田に陵辱されている。池田の汚れた手で股間を弄られている。ピチャピチャという卑猥な音がここまで聞こえてくる。彼女は明らかに嫌がっている。今朝の彼女の笑顔を思い出す。助けなければ。ここで立ち上がって池田の手から解放してやらねば!しかし・・・
「あ、だめだってぇ・・・」
迷っているうちに直美はどんどん陵辱されていく。彼女は僕の存在に気がついている。僕の助けを待っている。
「おらっ、言うこと聞けよな」
「あん」
池田の鼻息が荒い。僕は強く目を瞑った。何をすべきが考える。できれば親友の池田の面子も守ってやりたい。今、単に立ち上がってしまうと、今後彼と飲みに行くことはなくなってしまうだろう。彼とは長い付き合いだ。この局面を乗り切るために何をすべきか。・・・そうだ!

僕はおもむろに携帯電話を取り出し池田宛てにメールを打ち込んだ。手が震えて思うように文字を打ち込めない。いつもの倍の時間をかけてメールを送信する。すぐに向こうから着信音が聞こえてくる。
「おっ!」
池田の声。
「マジかよー」
「どうしたんですか?」
向こう岸が急に慌しくなる。
「進藤が帰ってくるってよ」
「進藤さんが?」
進藤とはうちの部署のマネージャーである。つまり、僕らの上司だ。
「ヤバイ。残業させられちゃうよ」
池田の慌てぶりは面白いくらいだった。ヤバイのは『残業』じゃないだろ?やはり彼女に対して後ろめたい気持ちがあるのだ。
「えっ、じゃあ・・」
「俺、先帰るよ。飲みがあるんだ」
「あっ!池田さん!」
「じゃあな」
慌しく仕度を整えた池田は逃げるように部屋を出て行った。もちろん、僕は見つからないように気をつけた。

沈黙。直美は僕に気づいている。僕はゆっくりと立ち上がった。
「・・・田中さん」
「直美ちゃん」
「あの・・・」
「大丈夫?」
「うん」
胸を片手で隠してうつむいている。その艶かしさに思わず唾を飲み込む。池田がしゃぶり尽くしていた巨乳。むっちりと張りがありそうだ。湧き上がる欲望。オフィスで半裸の美女と2人きり。一生に一度あるかないかのシチュエーション。しかし・・・

理性を総動員する。
「服着なよ。後ろ向いてるから」
そう言って後ろを向く。背後で直美が服を着なおしている。僕は拳を強く握った。ちょっとした拷問だ。
「あの・・」
「終わった?」
「はい。もう大丈夫です」

「もう帰ろうか」
「・・えっと、はい」
僕が部屋の電気を消し始めると、直美が止めようとする。
「あの、進藤さんが・・」
「来ないよ」
「え、でも・・」
「あれは僕がでっち上げた嘘だ。ああでもしないと、池田も止めなかっただろ」
沈黙。今まで彼女と親しく話したことはほとんどない。廊下ですれ違えば挨拶するし、仕事で何度も会話を交えているが、親しいという関係ではない。いきなりこんな場面に出くわして気の利いた台詞を言えるはずもない。

週末の駅前は騒がしかった。時計を見ると9時を過ぎていた。携帯には新谷から3件の着信と2件のメール、池田から1件のメールがあった。合コンはもう終わっているだろうな。もう合コンのお誘いは来ないかもしれない。
「本当にありがとうございました」
駅構内の入り口で部内のアイドルが冴えない自分に深々と頭を下げた。周囲の懐疑の目が気になる。僕は慌てて彼女の顔を上げさせた。
「みんな、見てるよ」
「ごめんなさい」
華奢な肩が震えている。僕は心配になる。
「送って・・いこうか?」
直美は首を振って、最後に力なく微笑んだ。
「大丈夫です。彼に迎えに来てもらいます」
十分に予想できたことなのに、ショックは大きかった。やっぱり相手がいるのだ。毎晩彼女と寝ている男がいるのだ。そう思うと一瞬にして顔が熱くなった。親友を騙してまで必死になって彼女を助けてヒーローになったつもりだった自分が哀れになった。
「そっか。じゃあ・・・」
と言いかけた時には彼女は携帯でメールを打つのに夢中だった。おそらく相手の男だろう。最後の最後で裏切られたような気分。端から異性として相手にされていないのだという屈辱。上辺では感謝をしているようでも、心の中では何を考えているのか分からない。僕の中で彼女に対する不信感、嫉妬、屈辱感が不意に大きくなり、唇の震えが止まらなくなった。何かが爆発しそうになり、急に萎んだ。僕はそのまま彼女の元を去った。

<続く>
posted by 家出少女サオリ at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

家出少女 新入社員直美の陵辱手記 1

都内某所、11月

僕は都内のある会社で勤務している。結構有名な会社で、巷ではコミカルなCMで知られている。入社6年目の29歳。仕事の内容はあまり関係ないので伏せておこう。

ところで、今年の春からうちの部署に新人の女の子が配属された。全員で10名程度の男ばかりの小さな部署だ。景気の良い時は今の数倍の人数がいたのだが、リストラで激減し、1人当たりの仕事量が増えてしまった。仕事が増えればストレスも増える。そんな最中の彼女の登場は、男ばかりで息苦しい部内に光を照らした。彼女の笑顔で僕達の心は癒され、彼女の仕草で僕達のモチベーションは上がった。就職難の時代に採用されただけあって、学歴は申し分なく、仕事もよく出来る子だった。とびきりの美人で人当たりもよく、たちまち部内のアイドル的な存在となった。

しかし、夏の終わり頃から部内の雰囲気がにわかにおかしくなった。部内の同僚3人が彼女に対して公然とセクハラをするようになったのだ。驚いたことに、彼女は嫌がりながらもセクハラに抵抗しようとせず、上司に訴えることも騒ぐこともなかった。明らかに弱みを握られた感じだった。やがて、そんな様子を外から眺めていた他の連中も彼女へセクハラをするようになった。僕はどうしていいか分からず、尻を撫で上げられて頬を赤らめる彼女の様子を呆然と見守るだけだった。

彼女の名は、相沢直美。23歳。細身でスタイルは抜群。巨乳。髪はやや長めでストレート。モデル雑誌の表紙を飾っていそうな整った顔立ち。僕は彼女の後ろ姿を見るだけでいつも勃起してしまう。

とある金曜日。朝、出勤すると、社内の廊下で直美とすれ違った。どっきりするほど綺麗な顔立ちにやや疲れの色が滲んでいる。
「直美ちゃん、おはよう」
「あ、田中さん、おはようございます」
とろける様な笑顔を送り返され、僕は思わず頬を緩めた。配属の頃と比べてスカートの裾が20cmくらい短くなっている。美脚を惜しげもなく晒し、男の視線を感じて日に日にエロい脚になっている。後ろ姿を追っていると、彼女は階段の前で思い出したように足を止め、そしてゆっくりと階段を上り始めた。僕は衝動的に階段まで駆けて、視線を上げた。ちょうど彼女が階段を上りきるところだった。タイトミニから伸びる美脚。そしてチラリと覗く水色のパンティ。すごい。こんな角度で彼女のパンティを拝めるとは!僕の興奮をよそに彼女は何事もなく視界から消えていった。

4Fの仕事場に着く。10名程度の部署にしてはそこそこ広めの部屋だ。パーティションで区切られているので仕事がしやすい。僕は既に出勤していた数名の同僚に軽く挨拶をして、自席に向かう。パソコンを立ち上げ、メールをチェックする。が、心はここに在らずで、頭の中は直美の水色のパンティの残像がくっきりと焼きついている。男はいるんだろうか。もしいたとしたら、そいつは毎晩、彼女のパンティをずり下ろして、あそこをクチュクチュかき回して・・・中に入れて・・・彼女の喘ぎ声を聞きながら・・・
「田中」
「え?」
振り向くと、同僚の池田が眉をしかめている。こいつは入社の頃からいつも一緒で、良く飲みに行く。
「ああ」
「大丈夫か?」
「え?いや、大丈夫だけど。どした?」
「おう。これさー、さっきメール来たんだけどさ・・・」
僕は深呼吸をして、頭を仕事モードに切り替えた。

夜7時。今日も疲れた。ぼんやりとメールをチェックする。急ぎの用件がなさそうだったので、パソコンをシャットダウンする。
「田中さん」
声を掛けてきたのは後輩の新谷。俗に言うイケメンで、女子社員にモテる。同姓から見ればコイツのどこがそんなに良いのだろうと不思議に感じてしまうが、女の感性を理解するのは随分前から諦めている。
「どした?」
「合コンどうっすか?」
ニヤニヤと口元を歪めて、やたらと愛想を振りまく。僕は人数合わせ、いや財布役かな?「いつ?」
僕の返事を好意的に受け止めたのか、新谷の表情が喜びに満たされる。
「あ、来てもらえるんですか!今からです。可愛い子ばっかですから」
「いや、行くと決めたわけじゃあ・・」
「大丈夫ですって!池田さんも行くって言ってましたよ」
池田も行くのか。じゃあ、いいか。つまんなかったらアイツとフケればいいし。
「分かったよ。で、女の子は学生とかじゃないだろうな?」
相手が若すぎると話題に困るし、疲れるだけだ。以前、彼の合コンに付き合った時、相手は女子大生ばかりだった。社会の厳しい洗礼を受けていない彼女達の発想、意見には心底うんざりしたものだ。女は若ければいいってもんじゃない。新谷は力強く頷いた。
「もちろん!社会人ばかりですよ。これ、飲み屋の地図です」

新谷が意気揚々と部屋を出て行くのを横目に僕も帰り支度を始めた。週末ということもあって社員の帰宅も早い。部屋に残っているのは僕と池田だけだ。池田は後から駆けつけるらしい。とりあえず、彼に声を掛けておく。「じゃあ、先に行ってるよ」
「おう。つまんなかったら電話くれ。実はあんまり乗り気じゃないんだよ」
「俺もだよ。早く来いよ」
僕は部屋を後にした。

パネルに社員カードを翳し、ドアのロックを解除する。社員通用口脇の管理人室でテレビを見ていた中年男に挨拶をする。
「お先です」
「おつかれさまー」
「おっと・・」
中年男の顔を見て僕は忘れ物に気づいた。新谷からもらった飲み屋の地図である。行ったことのない所だったので、地図がなければ飲み屋にいけない。

小走りに廊下を戻る。タイミングよくエレベータがやってきた。4Fに着き、エレベータホールを右へ。まっすぐの突き当たりが仕事場だ。電気がついている。池田に笑われてしまいそうだ。僕はドアの横のパネルに社員カードを翳そうとした。その時だった。

「あっ、あっ」
女の声。僕は瞬時にその声が直美のものであると分かった。部屋には池田がいるはずだった。僕は社員カードを引っ込めて、息を殺した。逡巡して、とりあえずドアから離れた。このまま入ったら後悔してしまいそうな気がしたのだ。僕は衝動的に、隣の部屋のドアの前に行った。ここは会議室だ。実は会議室と仕事場は入り口は違うものの、中で繋がっている。後ろめたい気持ちを抑えつつ、僕は真っ暗な隣の部屋のドアのパネルに社員カードを翳した。ピッという電子音が思った以上に大きく響いた。

<続く>
posted by 家出少女サオリ at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

家出少女 なにもないふたり2


第2話:後編


 私とケイジとの間には何もない。
 厳密にいうと、セックス以外の何もない関係。女と男が凹と凸であるように、私と彼は単なる記号でしかない。

 ケイジとのセックスは楽しい。色んな自分を発見できるから、私はセックスに夢中になれる。

 逆に言えば、セックス以外になにもないから、溺れるしかないのだ。 


馬乗りになった私の手を引いて、ケイジは自分の顔の両脇へ着くように促した。
その通りに私は手を着いて、キャミソールをまくり上げられるのを待った。

 腰から胸の上まで裾をたくし上げると、ポロン、ふたつの乳房がキャミソールからこぼれる。ケイジは両手でそれぞれの乳房を掴んで、私の乳首を片方吸い、もう片方は指先でチョロチョロと刺激を与えた。

「それイイんだよね」

私はクフフ、と笑って女が男を欲しがるのを感じる。ああ、早く挿れたいな、という気持ちになる。ジグソーパズルの最後のピースを狂いなく埋めたい。

 ふたりの間になんにもなくてもいいと思わせる、『快楽』とは非常に恐ろしい。
今、私とケイジのあいだからセックスがなくなってしまったら、一体何を信じたらいいんだろうか。

 ひとしきり感じた後に、ケイジは短く言う。

「舐めて」

 ずるずると、着いていた両手を引き戻し、身体を起こして移動する。
だらんとベッドに仰向けになるケイジの身体を眺めるのは、いい気分だ。

 立てられたケイジの膝を両手で広げる。フェラは別に嫌ではなかったから、モジャモジャと生える毛を丁寧にかき分けると私はケイジのペニスを口に含んだ。

 嫌いでないとはいえ、特別に好きというわけでもないから、上手くもないし、やるたびに反省点は増える。

 私の喉元の限界点はどこなのか、そんなことに思考回路を使いながらケイジのペニスを呑み込んでみる。
 己の限界を知らなければ、いざとなった時にケイジを噛みちぎってしまわないだろうかという、妙な不安に捕われたりするからだ。

 私の口に入れながら、腰を振って喉に押し込まれるペニスを、舌を使って嘔吐感寸前の場所でガードする。
 これ以上入れられたら、吐いてしまいそうだ。吐きそうになっても苦しくないように振る舞っている私に、ケイジは気付くだろうか。こんな風に、私が真面目にフェラしていることを、ケイジは気付いているだろうか。

──まあいいか。

 



結局なにもないふたりだ。 言葉に出して、わざわざ感情を生み出さなくてもいい関係だ。青白い蛍光灯みたいな冷たい色だけど、それでも灯さずにはやっていられない。

「挿れていい?」
「…─へ?」

 私の肩に両手を置いて腕を掴むと、ケイジは体勢を変え、私に覆いかぶさる。タイミングが悪かったから、ケイジのペニスに歯を立てないように気を付けて抜き取る。

 女の口は指を3本縦にして入るくらいが限界なのだというから、フェラは美容に悪いのかもしれない。

 そんなことを考えていると、肉を開いて私の中に無骨な指が入ってきた。

「どこが一番キモチいいの?」

「さあ、どこかな?」
──てめえの指で届くかよ

「えー?分かんないの?」

「へへへへへ」
──ばーか

 ケイジの言葉に裏を隠して答える。

 ここか、あそこか、と膣内をグニュグニュと右往左往するケイジの指がまどろっこしい。短かめの指では届かないから、ケイジとセックスするようになってから、誰彼かまわずに男の手を見るようになった。
 場合によってはそんな私の視線は、さぞかし物欲しそうな牝の表情を浮かべているんだろう。

 男ができれば女は変わる。色気が出るのはそういった意味からも来るのだと思う。

 あさましい自分に嫌気がさす瞬間だ。

 性欲は、人間の3大欲求のうちの1つだといいながら、たいていの女は欲求を隠しながら生きている。
 私だって隠している人間のうちの1人だけど、本当はエロいんだぞ。

 そんな風に自分をたしなめながら生きている人はさぞかし高貴な人種なんだろうと、目を皿にして性根を見抜いてやろうとするのだけど、私のような前頭葉の持ち主は、そんな深い思考回路はおよびもつかない迷宮のようでいて、学んだことのない語学の辞書を開くぐらい手が出ない。

「やらしいな」

 ふいにケイジがつぶやいた。

 下らないことを考えながら入るがままにケイジの指を受け入れていると、私の入り口はすっかり仕上がっていた。

「あらほんと」

クルクルと笑って私は答えた。

「今度はローターでも使ってみようか」

 ケイジとなら、なんでも楽しそうな気がして、言ってみる。キモチがいいことなら大歓迎だ。
 なんせそれ以外が通じ合う確率はゼロに近い。今は短絡的に体が溺れやすいセックスが一番イイ。

「ええー。そんなもん持ってんのか」
「持ってないよ。ネットで買う?」
「一緒に買いにいこうか」

「あはははは、いい機会だから、性欲に溺れてみようよ」

 私が言うとケイジは私の足を高く上げてペニスを挿れた。
 あとは腰を振り合って呼吸を乱すだけ。

 ここから先は何も考えなくていい。濡れればいいし、喘げばいい。キモチ良ければいい。それができれば何もなくていい。

どうせ、なにもないふたりだ。




(なにもないふたり 第2話おわり)

posted by 家出少女サオリ at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。