2010年08月05日

家出少女 なにもないふたり


第1話:前編


 私とケイジの間には何もない。
 厳密にいうと、セックス以外の何もない関係。女と男が凹と凸であるように、私と彼は単なる記号でしかない。

 彼の名前は早川啓司(ハヤカワケイジ)という。ケイジは外人と風俗嬢が入り交じるワンルームマンションの一室に住んでいる。
 見た目は気取っていて鼻持ちならず、八方美人で頭がイイ。どれぐらい気取っているかというと、真っ黒なシャツのボタンを上から3つも開けて着用したりするぐらい気取っている。

「キザなやつめ」と私がけしかけると決まって「キザではない」と返ってくるが、では一体なんなんだ、と、問いつめたい。

 ケイジとはもう十数年前の数ヶ月間の知り合いだったが、つい最近セックスによって繋がってしまった。

 女も、知らない間に性欲が溜まる。時々は抜いてやらないと肌に悪い。オナニーではだめ。男の身体で感じられないとダメだ、と私は思う。

 そのうえヒステリックになる。29になってヒステリックな女はいただけない。後輩に「可哀想」と言われるのがオチだ。

 現にその頃の私はしょっちゅうニキビができて鬱陶しかった。しかしニキビよりも気になっていたのは惨めな自分だったのかもしれない。

 仕事に耽っているばかりの30目前の女。私はもう何ヶ月も男と寝たことがなく、前回のセックスは指折り数えないと出てこないくらい昔になっていた時、ケイジと再会したのだ。

 酒を飲んで、昔の話をして、映画を見て、ドライブに行って、セックスして、ある日ふと気付いたことがあった。

 昔の想い出『それもたった数ヶ月の想い出』以外に私とケイジの間には何もないということに。

 付合い出して改めて気付いたことは、趣味や好みがまったく違うこと。ここまで違うと逆に爽快だ。

 私がイイと思うものは、ことごとくケイジの好みに合わず、ケイジのコダワリが私には難解極まりない事物であったりする。

 映画の趣味も合わず、私はいつも自分の見たいものを我慢する。当然、音楽の趣味も合わなければ、私が着ている洋服でさえケイジの好みにはそぐわなかった。2時間の推理ドラマが大好きな私と、オシャレな映画が好きなケイジ。

 ケイジの愛車、スピーカーから流れるキザなジャズやキザなピアノ曲やキザなリミックスは、ハードロックが好きな私にとって、車体を伝わるタイヤのノイズ音と同じ周波数でしかない。

 つまり、ゴーッ、とか、シューッ、とか。

 お互いの見解について深く話し合ったこともあったが、これも相反する思考で、ケイジの果てしなく論理的な弁論を前に、2時間の死闘の末、前頭葉型の私は根を上げて先に寝てしまったくらいだ。

 こんなに違うふたりが、一体何をすればいいんだろうか。

 あまりにも違い過ぎるふたりだから、時々私は『なんでケイジが好きなんだろうか』とハンパじゃなく悩むときがある。『そもそも私は本当にケイジが好きなのか?』と。

 それでもエッチな気分になると昼夜問わずにセックスに耽る。
 私は長い長い、気が遠くなるほど長い前戯が大好きだから、それをすっ飛ばすケイジのセックスではイクことができない。

 だから、ベッドに入っても触り合って時間を稼ぐ。

「触ってよ」

と、私がいうと、ケイジは黙ってキャミソールの上から爪を立て、少し大きめの私の胸に触れ、縁を描くように乳首に向かって触る。これがセックスのゴング。
 



 それからキスをして、唇を噛んで、お互いの舌を追いかける。念入りに唇を重ねて、ゆっくりとふたりの唾液を溶かし合う。

「あーあ」

私はちょっと意地悪なトーンで呟く。

「なに?」

ケイジは顔を離して訪ねる。

「濡れてきちゃったよ」

つまり『超エッチな気分になったから身体中触ってよ』と言う代わりの言葉。

「やらしいな」
「でしょ、知ってるよ。自分のことは自分が一番知ってる。」

変な会話だ。雰囲気もへったくれもないけれど、キザなケイジもセックスの時は庶民に戻る。

「ケージもチクビ感じんの?」

 私はキャミソールにパンティーという姿でケイジの身体に馬乗りになり、両手の人差し指でTシャツの上からケイジの乳首をイジる。

 面白いように堅くなって粒になる男の乳首は面白いから、私はケラケラと笑う。

「なんで乳首って感じんのかね?」

「さあ」

「ああ、そっかあ」

「なに?」

「赤ちゃんが、オッパイ飲む時にさあ、ほら、こうやって探すでしょ?」

ケイジの身体に倒れ込み、私はチュウチュウと音をたててケイジの乳首を吸った。

「乳首が立つから…─赤ちゃんが、──分かんだ──」

舌の先で乳首を刺激する。

「ああ、なるほど」

 短い返事の合間に漏れるケイジの吐息が面白い。車で聞くどの音楽よりもノれる気がする。私は『男も乳首は感じる』ということに気付くと、なんだか嬉しくなった。

 女の意識と精神は、左脳と右脳を行ったり来たりできるが、男はどちらか一方を単独で使うことしか出来ない。
と、いう話を昔聞いたことがある。乳首など、男にはさして必要のないものがセックスの時にそれなりに役にたつのが可笑しかった。

 ケイジとのセックスは楽しい。色んなことを発見できるから、私はセックスに夢中になれた。




(なにもないふたり 第1話おわり/第2話につづく)

posted by 家出少女サオリ at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

家出少女 僕の彼女を弄って下さい4


第4話:理々子とキイナ


どういうことだ!

約束が違う!

本文 22時リベラ ♀19 ♀23 ♀28

理々子は滅多に掛けない携帯の番号にコールした。

「おう!珍しいな!」コウイチの声だ…

「今日は無理よ!」人のいいオジサンの声によけい苛立つ。

「どうした〜具合悪いか?」ノウテンキヤロウ!!

「キイナに真性レズは無理!」

コウイチはやっと理々子の真意を察し、「ハハハ〜すまん!」と説明した。


三人の女性は常連ギャラリー三人のパートナーで、スワッピングの仲間らしい。

今回はそのギャラリー三組の貸切となる。

キイナを入れて4人で乱れた後、男たちが乱入しキイナが掃けるというわけだ。

「説明不足もいいとこよ!」

理々子はプレーを心の底から楽しんでいるが、ストーリーを考え、工夫を凝らし、テクニックを磨いても、男には勝てないと思っている。

末端神経にまで電流を走らせる肉の塊と女の全身を蕩けさせる光の海のような包容力…
キイナのプレーは最後にパートナーが挿入し、二人昇天して完成なのだ。3人相手でプレーの流れがつかめるか心配ではあったが、その後 のスワップの様子も楽しみだ。

気合を入れて、早めに部屋に入りマーメードラインのゴールドのロングドレスに着替え、一段と高い位置でロングヘアーをひっつめる。

少しして、クスクスキャッキャ言いながら三人娘が入ってきた。
すでに色とりどりのキャミソール姿だ。

「うわぁ〜すごい!」「きれい〜〜!」「パリコレのモデルさんみたい!」三人はキイナに見とれている。

キイナは三人にベッドやイスに腰掛けるよう勧め、「キイナです!よろしく。」と先に名乗って挨拶した。
三人それぞれのプロフはこうだ。

28歳マナミは専業主婦、160cm超えのスリムなボティで、長めのボブヘアに軽くウエーブがかかっている。
色白のやわらかい面差しは幸せセレブママという感じ。

23歳ミカは美容部員、小柄でショートヘアが良く似合い、サバサバした印象だ。

19歳アヤは女子大生で、流行の大きめカールのロングヘア、少しぽっちゃりしていて、ほっぺたは赤ちゃんのようにつるつるしている。

姉妹のようにじゃれ合いながら、切れることなく喋っている。
キイナも求められるまま、経験談などを話していたが、そのうちミカが「マナちゃん、だぁいすきぃ〜〜」とベッドに腰掛けていたマナミに抱きついた。

アヤも負けじと「あたしはマナちゃんもミカリンもすきぃ〜〜」と二人の中に割って入り蚕のようにモゾモゾさせた。
いやらしさにはほど遠い様子をキイナは少し離れて見ていた。

「キイナさん!早く!」マナミの手招きで三人はHモードに切り替えた。

マナミとミカでアヤの唇を半分ずつ舐めだした。

「いやぁ〜きゃっ、きゃっ…」小鳥のさえずりような声をアヤがもらす。

キイナはアヤを挟んで左右にあるマナミとミカのTバックからこぼれるお尻を撫でる。

マナミの小ぶりな締まったそれとは逆にミカは女らしい丸みをたたえ、つるつるしたバスケットボールのような弾力がある。
見た目のボーイッシュな印象とのアンバランスさがまた良い。

キイナは平手打ちをし、ミカの若い細胞を弾ませた。
パチッ!…パチッ!…

「うふん〜うふん」メスが鼻を鳴らす音が混じる。

マナミとミカはアヤの乳房を揉みしだいている。「ああん〜いやあん…」
Eカップはあるであろうアヤの乳房は女の掌にはおさまらない。
 



キイナは二人のお尻を撫で、揉み、打ちながらアヤの両足を割り開げ、内腿に舌を這わせた。
アヤがふんふん言いながら、体をくねらせ出したとき、マナミがアヤの頭側に回り、アヤの上半身を少し起こした。

「アヤちゃん、キイナさんにされてること良く見ててごらん〜」

マナミのタイミングは絶妙…キイナの舌が秘部に這い進むことを予想済みだ。
ほとんど紐だけのパンティを剥ぎ取り、ピンクの花びらを押し広げ、唾液をたっぷり垂らして大げさな音を立てる。

ぢゅっ…ぢゅっ…ぢゅるる〜〜〜

「いやぁ〜〜〜ん!だめだめぇ〜〜〜!」赤ちゃんほっぺがぴかぴか光る…

アヤのあそこはパイパンで、舐めていても気持ちいい。

マナミもアヤにキスしながら、キイナの様子を眺めている。

ミカはアヤの大きく揺れる乳房を揉み、舐め、吸っている。

キイナはここでローターを使い、アヤのクリトリスを責めようと、単三で震える楕円の玉を指で摘み、甘皮の上をくるくる回した。

「なにぃ〜〜すごぃ〜〜」アヤの腰がくねくね動く。

感度が良いので、直にクリトリスに当てるとすぐにイッってしまうだろう。
そこでキイナは舌にローターを当て、その振動で秘部全体を責めた。

「ぎゃぁ〜〜すごーーい!こんなのって〜〜〜」

ミカが指でアヤの甘皮をめくり、豆を裸にした。振動が伝わる…「だめだめ〜イクイク〜〜」
アヤの全身が震えだし、絶叫とともにイッてしまった。

「いやぁーーー!イッちゃったよぉーーー!」

マナミはかわいいかわいいと額の汗を舐めてやってやる。ミカもアヤがイク寸前にこぶしでベッドを叩いていたので、指を一本ずつほぐし、ゆっくり揉んでやっている。
キイナはいたわり合う女性たちを見、彼氏たちがちょっと羨ましくなった。



「コウちゃん、今日は玩具になってよ!」

マジックミラーの向こうには、三人娘が引き離され、ベッドで松葉崩し、出窓を使っての駅弁、籐のイスでの手懸けと三種類の振動と六種類の“たけび”が繰り広げられている。
キイナのプレーがそれぞれの興奮を呼んだようだ。

いつものキイナは、ギャラリーがはけた後、理々子に戻りバスルームに向かう。
イランイランの香りのバブルバスの中で自慰にふける。

完全防水のローターやバイブで今夜のプレーを回想しつつ至福の時をすごす…

「玩具ねぇ〜好き勝手に動くけどいいのか?」乱交を見ているコウイチがタバコに火を点ける。
「うん!」心から微笑む表情は以前の理々子には無かったものだ。

「玩具はこんなのできねぇぞぉ〜〜」と言って人のいいオジサンは火を点けたばかりのタバコをもみ消した。

クスクス笑う理々子に近付き、おとがいを掌で押し上げ、小鳥のようについばんだ後、舌を一気に差し込んできた…




(僕の彼女を弄って下さい 第4話おわり)

posted by 家出少女サオリ at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

家出少女AKB48 9月は大ジャンケン大会、今度はどんなサプライズ いまさら聞けない基礎知識

AKB48 9月は大ジャンケン大会、今度はどんなサプライズ いまさら聞けない基礎知識


AKB48秋もまたいろいろありそうですね



8月1日9時1分配信 まんたんウェブ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100801-00000002-mantan-ent

6月選抜総選挙の“政権交代”で一気に世間の注目を集めたアイドルグループ「AKB48(エーケービーフォーティーエイト)」。今度は9月12日に武道館で大ジャンケン大会を開き、選抜メンバーを決めるという。どんなサプライズがあるのか。そんな話題を提供し続けるグループだが、詳細は一般にはあまり知られていない。結成のきっかけは? メンバーの集め方は? チーム分けの基準は? 派生したユニットにはどんなものがある?など、いまさら聞けない素朴な疑問に答える「AKB48」についての基礎知識を紹介する。



【特典生写真付き】ヘビーローテーション<Type-A>/AKB48


【写真特集】AKB48 :「もっと上へ」飛躍誓う 選抜メンバー21人 全員コメント (1/2)

 ◇成り立ち

 「AKB48」は、作詞家で放送作家の秋元康さんが総合プロデュースする次世代アイドルグループ。これまでにない形の新しいアイドル像を模索していたところ、「劇場からスターを作ろう」という発想に行き着き、劇場に足を運べば「会いにいける」をコンセプトに、05年に東京・秋葉原に誕生した。
特典生写真付き】ヘビーローテーション<Type-B>/AKB48

 チーム名の「AKB」は「AKiBa」を略したもの。「48」は人数ではなく、当初メンバーの所属事務所の社長の名前が由来とされるが、秋元さんは「あくまでも商品番号」としている。現在は正規メンバーが「チームA」16人、「チームK」16人、「チームB」16人の総勢48人。研究生20人も加えると68人の大所帯だ。ホームグラウンドは「ドン・キホーテ秋葉原店」8階にある専用劇場「AKB48劇場」で、チームを入れ替えてほぼ毎日公演している。
前田敦子


東京ドーム公演が最終目標。すべてオリジナル曲を歌い、作詞は秋元さん、振り付けは夏まゆみさんが担当している。また、メンバーのステージ衣装のほとんどは、秋元さんが副学長兼芸術学部教授を務めている京都造形芸術大学の学生がデザインしているという。06年2月1日にインディーズからシングル「桜の花びらたち」をリリースし、06年10月25日シングル「会いたかった」でメジャーデビュー。09年年末にはNHK紅白歌合戦に初出場した。

 ◇所属事務所はバラバラ


大島優子写真集 君は、誰のもの?/著者不明


 「AKB48」のメンバーは、05年の「オープニングメンバーオーディション」から計10回のオーディションによって選出されてきた。合格者は結成当初、全員が芸能事務所「office48」に所属していたが、それぞれのメディア露出などを強化するため、また「AKB48」を卒業しても芸能活動ができるように、他の芸能事務所へ移籍することが発表された。
逃した魚たち~シングルビデオコレクション~ [DVD](完全生産限定盤)/AKB48


既存の事務所に所属が決まったメンバー以外は「office48」から「AKS」に所属が変更になった。その後は新たに研究生として加わったメンバーも最初は「AKS」に所属し、他の事務所からのオファーがあったら移籍をする。これによって現在は、7期以前に合格したメンバーの全員が「AKS」以外の事務所に所属するようになった。「AKB48」の活動自体は「AKS」が管理している。

 ◇チーム分け


チームK 2nd Stage「青春ガールズ」/AKB48


 メンバーはA・K・Bの三つのチームいずれかに所属している。05年10月に最終審査を行った「オープニングメンバーオーディション」での合格者が「チームA」に、06年2月に最終審査をした「第2期追加メンバーオーディション」の合格者が「チームK」に、そして06年12月に最終審査をした「第3期追加メンバーオーディション」の合格者が「チームB」に所属しており、第4期以降の合格者は研究生となり、その中からいずれ正式メンバーに昇格して三つのチームのどこかに所属するという流れだった。ただし「チームB」発足前に辞退者が出たため、チームAから3人が異動して補強された。
チームA 3rd Stage「誰かのために」/AKB48

 その後、09年8月のライブ「AKB104選抜メンバー組閣祭り」(日本武道館)で、グループ内の「新内閣の発足」が発表され、3チームのメンバーの組み替えと、一部メンバーの移籍、大勢の研究生が昇格し、大幅にメンバーが入れ替わった。

 ◇第2回選抜総選挙

AKB48総選挙公式ガイドブック



 「AKB48」がここに来て一気に注目を集めるようになったのは、6月9日の「第2回選抜総選挙」だった。17枚目のシングルのメーン曲を歌うメンバー21人を、「AKB48」のメンバーと東海地区を中心に活動する「SKE48」のメンバー、研究生の総勢104人からファン投票で選出するという企画。結果は、前回1位だった前田敦子さんを抑えて前回2位の大島優子さんが600票差で1位に躍り出た逆転のドラマも話題を呼んだ。22〜40位は「アンダーガールズ」と呼ばれ、シングルのカップリング曲の歌を担当。



今回投票できたのは、5月26日に発売された16枚目のシングル「ポニーテールとシュシュ」の購入者や「AKB48」のファンクラブ会員らで、複数投票が可能なことから、CDを大量購入するファンの存在も話題となった。

ポニーテールとシュシュ(TypeA)(DVD付)/AKB48

イベントの副題に「母さんに誓って、ガチです」とあるように、開票は第三者機関の協力を得て、「ヤラセなしの完全ガチンコ方式」で行われたのも、メンバーそれぞれが感激や落胆する表情が、よりリアルに伝わりやすかったのではないだろうか。


開票イベントの模様は全国の映画館で同時生中継されるなど、衆目を集める大規模なイベントに発展した。ちなみに13枚目のシングル「言い訳Maybe」の参加メンバーを選出した09年の第1回選抜総選挙が全体で約6万票だったのに比べて、第2回は40万票以上と7倍近くにふくれ上がった。

 ◇派生ユニット


青春のフラッグ(初回盤A)/渡り廊下走り隊


 「AKB48」のメンバー数人で結成した派生ユニットも数多く生まれている。有名なのはチームBの選抜メンバーで結成された「渡り廊下走り隊」(平嶋夏海さん、多田愛佳さん、渡辺麻友さん、仲川遥香さん、菊地あやかさん)だ。80年代後半にブレークした「おニャン子クラブ」の派生ユニットで工藤静香さんらが所属していた「うしろ髪ひかれ隊」の妹分として09年1月にシングル「初恋ダッシュ/青い未来」でデビュー。ユニット名はおニャン子クラブの派生ユニット「うしろゆびさされ組」のデビュー曲の歌詞からとられている。
心の羽根(チームドラゴン)~「ドラゴンボール改」エンディングテーマ/チームドラゴン from AKB48



「うしろゆび〜」と「うしろ髪〜」と同じく、レコード会社は「ポニーキャニオン」、所属事務所は「プロダクション尾木」、プロデュースは秋元さんと、いわば王道の派生ユニットといえる。そのほかにも同じく「プロダクション尾木」に所属する小嶋陽菜さん、高橋みなみさん、峯岸みなみさんによる「ノースリーブス」、
渡辺プロダクション系列の事務所「ビスケットエンターティメント」に所属する柏木由紀さん、高城亜樹さん、倉持明日香さんの「フレンチ・キス」、
フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」のエンディングテーマを歌うために結成した「チームドラゴンfromAKB48」(小嶋陽菜さん、大島優子さん、高橋みなみさん、板野友美さん、前田敦子さん、柏木由紀さん、渡辺麻友さん)などがある。

 ◇姉妹ユニット


青空片想い(DVD付)/SKE48


 08年には名古屋市中区栄を中心に東海地区で活動する「SKE48」(SKEはSaKaEに由来)が誕生し、09年にはAKB48劇場で土曜日の夜に公演を行うSDN48(SaturDay Nightに由来)、そして7月10日の「AKB48」のコンサートでオーディション開始が発表された大阪市中央区難波を中心に活動する「NMB48」など、「AKB48」の姉妹ユニットも続々生まれている。



その地域で「会いにいけるアイドル」がこれからも各都市に、さまざまなジャンルで生まれる可能性を秘めている。海外で「AKB48」の売り出し方に興味を持っている業界人もいるといい、世界に広がる「AKB48」の今後の動きに注目したい。

エッチ SEX 神降臨 神待ち 援助 セフレ 人妻 AV 家出少女 掲示板 女子〇生 逆援助 レイプ オッパイ 盗撮 SM OL AV アイドル 外人 ラブ 若妻 熟女 ハメ撮り ランジェリー ニューハーフ ハプニンク 女子高生 JK キャンギャル M字開脚 透け パンチラ パイチラ 芸能人 AKB
posted by 家出少女サオリ at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。