2010年08月19日

家出少女 水中苦行Lady7   アユミ編

アユミは水の中を無呼吸で泳ぎ回る事が大好きな娘であり、日本女性である。
身長165cm、バストはCカップとDカップの境目の大きさである事意外秘密のスリーサイズ。
だが、潜水を得意にしているだけにウエストからヒップラインは引き締まっている。

お腹の腹筋も縦に割れて横も幾らかは筋みたいなのが見えるスポーツウーマンでもある。
恋人の影響で水の中で人生初セックスをして以来、アユミは水の中のセックスの虜になる。
‥が、恋人の性に対する異常な執着心に耐え切れなくなり、極度の疲労と挫折感に因る
軽いうつ病と医者から診断される。恋人を猛烈に愛していただけに燃え尽き症候群となる。
医者の診断書を会社に提出。アユミの業績を考慮されて、休養を進められる。
アユミはお金には不自由していなかった。自前のオートバイで海を目指して旅に出る。
親には定時の連絡を入れつつ、行き先を告げずに、気の向くままの旅に出る。
その日の午後にある漁村に辿り着く。入り江の一部分に囲いがありアユミは何気に近ずく。
オートバイを止めてさらに近ずくと、その囲いの中にはイルカが泳ぎ回っていた。
イルカは海面から顔出してアユミに何かを催促している様に見えた。‥私を呼んでいる!
以前にもイルカと交流した事があるアユミは物影に隠れて、Tシャツからブラジャーを外し
ズボンをパンティを履いたまま短パンに着替える。さらに後部座席に括り付けたバックから
水中マスクとボディボードで使用するサイズが小さいフィンを足先に付けて囲いの中へ‥!
泳ぎ出し海中に潜ると、二匹のイルカがアユミに近ずいて来て背中を擦り付けて来る。
{可愛い!イルカさん暫く一緒に泳ごう!}そう思うと二匹のイルカはアユミの左右に‥
展開するので、アユミは両手をそれぞれのイルカの背びれの根元を掴むと、二匹のイルカは
お互いの位置を確かめ合いながら離れず、近ずきせず、グングンと泳ぐスピードを上げて!
囲いの中をアユミと共に泳ぎ回る。良いタイミングで息継ぎをさせてくれるイルカたち!
アユミは囲いの中にもう一匹イルカが居るのを見つける。そのイルカともお友達になろうと
二匹のイルカから離れて泳ぎながら近ずいて行く。もう一匹のイルカはアユミの心の底の
悲しい気持ちを察知して、イルカの方からもアユミに近ずいていく。アユミに背中を見せて
そのままアユミの周りを一周すると、鼻先をアユミの股間に割って入れてくる。そして‥
アユミの股間を鼻先で押しながら泳ぎだすイルカ。このイルカはアユミに息継ぎをさせない
アユミはイルカの鼻先がグリグリとおまんこを刺激してくるのに股を意識的に閉じてしまう
その気持ち好さに興奮気味になってくる。その分、息継ぎの事に気が付くのが遅かった!
posted by 家出少女サオリ at 11:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。