2010年08月28日

家出少女 水中苦行Lady7…アユミ編8

「だって‥ゲンさんの気持ち好いだもん!‥つい‥離れたくなくて‥」妖しく言うアユミ。
「代えのボンベを持ってくるよ!」「要らないわ!‥一緒に苦しい想いをしましょ!‥それに
‥ゲンさん‥抜いちゃ‥イヤ!‥もっと‥突いて‥突いてよ!」「でも‥俺‥息が続かない」
「いいわ!ゲンさんが息継ぎし易いように‥私が後ろを向くわ」一旦ゲンゾウから離れて‥
ゲンゾウに背中を見せてお尻をツンっとゲンゾウの方に突き出すアユミ。「さあ、後ろから‥
ズンっと突いて‥待ち切れないの!‥早くぅ‥」アユミは水中に潜り、顔を後ろへ振り返る!
ゲンゾウも水中に潜り‥アユミの腰を手で掴み後ろから‥ズンっと突き出す‥するとアユミは
口から少しつづ息を息を吐き出しながら‥あッあッ‥うッぅん!ゲンゾウのチンポが膣の中で
グリグリ回転を加えつつ、抜き挿しを繰り返す。息が苦しくなるゲンゾウはひとりだけ水面に
顔だし息継ぎをする。アユミの身体は頭を下になるがアユミは息継ぎをせず、顔を後ろに向け
ゲンゾウの突きを要求する目をする。ゲンゾウは慌てて潜り‥アユミの中を動き出す。
水槽の縦横が1mしかない為少し窮屈そう見える。アユミは前面のガラスに肘から手の平まで
着けて、スプリングの様な役目にして、顔がガラスにぶつからない様にしている。
2回ゲンゾウが息継ぎをすると、アユミが水面に顔出し息継ぎをする‥繰り返しが続いていく
「あああ!で‥出る‥!」と叫びアユミからチンポを抜くゲンゾウ。クルリと身体を反転させ
ゲンゾウのチンポを掴み先端から出る白い液を舌を出して口の中に入れようとするアユミ。
水面に顔出すアユミに「後で、回数券持って‥いくよ」とゲンゾウ。「あと2回‥出来るよ!
‥ゲンさんと‥セックス‥」口元をニヤリと笑うアユミを娼婦の女と想ってしまうゲンゾウ。
posted by 家出少女サオリ at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。