2010年06月22日

家出少女 陵辱系官能長編小説/きょうこ 歪んだ構図 続き… 五

家出少女 陵辱系官能長編小説/きょうこ 歪んだ構図 続き…



芳雄はきょうこの拒絶の態度にも臆することなく言葉を続けた。
「それとも何かい?他に男でもいて特に困らないとか…?」
「お父様、もう止めてください!いくら何でもそんなこと言わないでください!」
「ほう…、えらく強気な態度だね?それじゃちょっと聞くけどね、この写真は何だね?」
芳雄はきょうこに、例の興信所が捉えた決定的瞬間の一枚を見せた。

「えっ!?それは……」
すると、きょうこは見る見るうちに青ざめ、ただただ驚嘆するばかりであった。
「これは後姿だけど、間違いなくきょうこだね?何なら他にもまだあるよ。」
芳雄はそういってポケットから数枚の写真をきょうこに見せた。
前面から撮ったものは一枚もなかったが、横顔が覗き、明らかにきょうこと判るものもあった。
きょうこは言葉を失い、その場にぼう然と立ち尽くしてしまった。
(まさか…まさか…)

芳雄が勝ち誇ったようにニヤリと笑いきょうこに言った。
「きょうこ…、見事に光治や私を欺いてくれたね?この家や親戚の者には良い嫁ぶりを見せておきながら、裏ではこんなふしだらなことをしておったとは…。ああ、私はあんたを見損なったよ。」
ここまで証拠を並べられると、きょうことしてはもうぐの音も出ない。
謝るより他になかった。
「申し訳ありません…」
きょうこはうな垂れ、声を震わせて謝罪した。
「謝ってもらってもねえ…、一度失った信頼って簡単には回復できるものじゃないよ。」
「はい…すみません…」
「何なら、あんたのご両親に、この写真を見せようか?」
「そんなっ!、それだけは許してください!もう二度と家に戻れなくなってしまいます!」
「そんなこと私の知った事か。ありのままをあんたのご両親にお伝えするしかないようだね。」
「お父様!何とか今回だけは許していただけないでしょうか。あの男性とはもう会いません。光治さんんと仲良くやって行きます。だから、だから許してください…」
きょうこは、芳雄の洋服の袖をひっぱり、懸命に許しを乞うた。
厳格な両親にばれてしまうと、きっと絶縁されてしまうだろう。
もちろん光治とも離婚しなければならなくなるだろう。
俊介の事は忘れがたいが、ここは諦めるより他にないようだ。
きょうこは、芳雄に必死に嘆願した。
頬にはすでに幾筋もの涙が伝ってた。

posted by 家出少女サオリ at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。