2010年08月26日

家出少女 水中苦行Lady7…アユミ編7

水の中特有の篭った声が‥アユミの喘ぎ声が聞こえる様になると、ゲンゾウはさらに興奮する。
{何て、イヤラシイ声だぁ!‥}水の中で喘ぎ声を聞くのは初めてのゲンゾウはアユミの中に
入りたい気分になってくる。アユミの身体を上下反転させ向かい合わせで大きく股を開かせる。
アユミの太ももを抱えながら、ゲンゾウは、グイっと腰を前に押し出す。ゲンゾウのチンポが
グイっとアユミの中に‥奥まで入り込むゲンゾウのチンポ。‥アユミは違和感を感じている‥
何かいつもと違う‥!アユミのおまんこは未だ恋人の事を想い続けている。ゲンゾウのチンポ
より太くて、固い!入り込んでくると、おまんこの肉壁を軽く擦って入り、抜く時にチンポの
傘の部分がさらにおまんこの肉壁を抉って快感を残しつつ抜かれる。だが、ゲンゾウのチンポ
は恋人のより‥長いだけ‥で気持ち好くない。‥何時しか教えられた事を思い出すアユミ。
‥今好きな人は!{ゲンさん!‥ゲンさんよ!‥}ゲンゾウの事を好きと想い始めるアユミ。
少しつづアユミのおまんこはゲンゾウのちんぽを優しく包み込んでいく。アユミの膣から‥!
だんだんと‥気持ち好さが‥アユミの身体を刺激してくる!大きく口を開け‥瞳を閉じて‥
ゲンゾウのチンポの感触を味わうアユミは‥‥あっっ!‥あッ、あッ!‥ふぅッ‥ああッ!
水槽の水の中で喘ぎだすアユミ。その声を聞いてゲンゾウの腰が速くなりだす。息をゴボッと
大量に吐き出すアユミ。ボンベの空気を荒々しく吸いつつ、吐き出すゲンゾウ。‥ふと気が‥
遠くになりそうなアユミは首を振りつつ気を取り戻す。ゲンゾウはそんなアユミを見て口の
レギュレーターを外して‥アユミの口に咥えさせる。2呼吸すると‥ニッコリ笑ってお返し!
そんなやり取りをしながら、お互いの快感はどんどん増していく。アユミがレギュレーターを
咥えたる番が来た時‥空気が出て来なかった!‥アユミはゲンゾウの息が苦しくなるのを待つ
事にする。離れたくない程快感が襲ってきているアユミ。ゲンゾウもこの間は無呼吸で動く!
アユミがレギュレーターを返して来ない事に気が付くゲンゾウは、口から息を吐き出しながら
アユミと共に水面に顔を出す。呼吸が荒いアユミに「‥そんなに我慢しなくても‥」と言う。
posted by 家出少女サオリ at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。