2010年08月31日

家出少女 合宿 1

共学高校に入学した新入生の内博樹は、生徒会副会長で、美人で成績も優秀で司会もテキパキとこなす3年生の菊間雪野にすっかり憧れてしまった。
少しでも菊間に近づこうと、菊間が部長をしている合唱部に入部した。合唱部には他に男子は一人もいなかった、そんなことは気にしなかった。
菊間は何かというと、内につらくあたったが、内は菊間にかまわれるのがうれしかった。

夏休みになると、恒例の夏合宿が長野県の温泉で行われた。
その旅館には混浴の浴場しかなく、内は小さなオチンチンをブラブラさせながら、先輩たちの背中で洗わされた。
女子は笑いながら、内のオチンチンを見た。
「うふ、内君って、かわいいね」
「今夜、たっぷりかわいがっちゃおうね」
宴会では全員がビールを飲んだ。
酔いが回ってきたところで、菊間は内に芸をするように命じた。
「内君のダンスが見たいな。たくましい体も」
内は上半身を裸になって踊りだした。
それも飽きてきたので、菊間は内に下半身も脱ぐように命じた。
「男なんだから、そのくらい当然よねー」
他の女子も賛成した。
「さあ、内君。男らしく下も脱ぎなさいよ」
まだ内がためらっていると、菊間は脱がなかったら退部させると言い出した。
内は恥じらいながら、パンツを脱いで全裸になった。
「フラダンス、行ってみよう。内君」
調子に乗った菊間が命じた。内が踊るたびに、オチンチンが左右に揺れ動いた。
「キャハハハ。ブランブラン」
女子は爆笑しながら、カメラで記念撮影した。
posted by 家出少女サオリ at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。