2010年09月27日

家出少女 〜セイラ31歳 ホテル…2

あなたを拘束してあげる
慎也はセイラのブラウスのボタンをはずし、だが両手首はリストバンドで拘束しているから、いわゆる、乱れた着衣のままという状態で、スカートはウエストまでたくし上げて、ストッキングとショーツは取り払ってしまった。

「ステキな眺め。なんだか、調教しているみたいだ。僕って狼男かな?」
肩を震わせて笑んでいるのが気配でわかる。

「ねぇ、セイラ、こんなのは、いや?」
「……」
「もしかして怒ってる? 本当に嫌だったら、残念だけど諦めるよ」

だから。ほら。
慎也は、その名前の示すように、つつしみを持つ紳士で、狼男なんかではなかった。

狼ではなく、常にセイラを見守ってくれる大型の忠犬なのだ。ただ、時々、「待て」と「お預け」ができないことがあるだけで、決して乱暴な狼なんかではなかったのだ。

だからセイラは言った。
「いいわ、あなたの好きなように愛して」と。

「それじゃあ、セイラのイイところ、愛してあげるから脚、開いてよ」
「……エッチ、な……人、あっ、あ……」
「男はみんな、恋人の前ではエッチになるんだよ」
慎也は、セイラの淡い草むらをさぐって、一番敏感なクリトリスを剥き出しにすると、そっと尖らせた舌で舐め上げた。

「セイラのヘアって、薄いから、淡いピンクのかげりがすごく女らしく覗けるね」
「っ……慎也の……エッチ……」
「でもって、とても感じやすい。ねぇ、指だけで一度、イッちゃおうか」

やさしい愛撫に、セイラの息が上がって言葉が途切れる。愛撫に流されながらセイラは、ふっと心に決めた。誕生日のプレゼントは、やっぱりネクタイにしよう、と思った。

――新しいネクタイで、あなたを拘束してあげるわ。身体だけでなく、心ね。と。
たまにはこんな奴隷ごっこも新鮮な、まだまだ蜜月の二人だった――。

posted by 家出少女サオリ at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

家出少女 〜セイラ31歳 ホテル・レストラン勤務〜

今夜はちょっと変わったプレイを

森セイラは31歳のホテル・レストラン勤務のウェイトレスだった。

来週の金曜日は、交際3年目になる彼の誕生日。ふっと気がつくと、勤務中でも、あれこれ彼への贈り物を考えてしまうのだ。もっとも、セイラは勤務10年目で、現在はマネージャー見習いなので、仕事に支障をきたすようなミスはしなかった。

「森サブマネージャー、なんか、いいことあったの?」
「え? なんで?」
「だって、このごろ、いつにもまして笑顔がきれいだから」
同僚のウェイターに言われ、セイラは胸をドキドキさせた。態度に出ていたのだろうか?

「それはね、春だからよ。春はいいわねぇ。お花がいっぱいで、卒業式なんかの別れのシーズンでもあるけど、その後で、またステキな出会いの季節でもあるでしょ?」
恋人の慎也(しんや)と出会ったのも、春だった。

昼休み、その彼からメールが入った。【今日は、早番だったよね? 会える?】
セイラは微笑して、【もちろん】と返信した。

落ち着いた和食の店で二人で夕食を取った後、慎也はセイラをホテルに誘った。セイラに異存はない。交際3年目、今なお二人の関係は、春のまっさかりなのだ。

「あのお店の日本酒、おいしかったわね。なんだか私すこし酔ったみたい」
「うん、セイラの肌がほんのりピンク色に上気して、とてもきれいだよ」

ホテルの部屋に入ると、セイラはいきなり後ろから抱きしめられた、と思ったら、
「今夜はちょっと変わったプレイをしてみようよ?」
アイピロウで目隠しをされた。

「え? なぁに? シャワーぐらい浴びさせて」
「あとでね。一体何日会ってなかったと思う?三週間だよ?もう、僕は限界だ。本当は、あの店に一部屋だけある、次の間に布団付きの部屋を予約したかったんだけど、あいにく先客がいたから」
だから、ホテルまで我慢したのだと、慎也は苦言する。

その間も、セイラは服の上から胸をさわられたり、揉まれたり、キスされたりと愛撫をうっとりと受けていた。そして気づいた時は、ベッドに押し倒されていた。

「え? いやよ。なあに?」
「ラブアイテムのソフトな手錠。この前は、僕のネクタイ使ったけど、それじゃ君の手首に痕が残っちゃったしね。いいものを見つけたんだよ」

そんなことを言いながら、慎也は手早くセイラの腕を頭上でまとめて、拘束してしまったのだ。
「ねぇ、電気は消してね」
セイラは言ったが、慎也は笑って取り合わなかった。

「そう言うと思ってのアイピロウじゃないか?これを付けていれば、セイラの視界は真っ暗だろう?」
自分はセイラを明るい照明の下で鑑賞できるし、セイラは明かりが気にならない。

「服を着たままってのが、また新鮮だね」
と、慎也は笑った。
「ん、もう、私……、そうね、…… 奴隷(スレイプ)願望はないと思うけど、Mの気は、ちょっとあったみたいかも」
セイラも目隠しされていることで、大胆になっていた。
posted by 家出少女サオリ at 11:00| Comment(0) | 官能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

家出少女 幼馴染〜第2話3

数年前のラブソング

祐二の指がショーツの股間部分にふれる。
すでにしっとり湿っていた。
その間も、互いの唇は唾液を垂れ流しながら絡み続けた。
祐二は湿った部分をかき分け、直にぬめりを指で絡めとる。

「すごい、ひとちゃん……
幼い少女だった君が、こんな風に濡らすなんて……」
「祐こそ……」
瞳は祐二の隆起した部分をジーンズ越しになでる。

興奮が高まり、
祐二はついに瞳の潤っている部分に指をすべりこませた。
「祐……ダメ……」
限界に達した祐二が、瞳をベッドへ誘おうとした瞬間だった。

「♪……」

数年前流行ったラブソングの着信音が響く。
静かに祐二の手から離れる瞳。

「ひとちゃん?」
 
瞳は、鳴り続ける携帯電話の入ったバッグを急いで肩にかけると、
何も言わずに部屋から出て行った。
取り残された祐二の耳から、着信音が遠ざかっていった。


posted by 家出少女サオリ at 10:47| Comment(0) | 官能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。